シラグラはバイアグラより安く購入出来ます

勃起不全は年をとるにつれてその症状が出ることがあります。
それだけ年をとれば性機能が衰えていくわけですし、そんな男性が世間にたくさんいるのです。
しかし男性の性欲というものは死ぬまで存在するものであり、勃起不全であっても性欲はあるケースが少なくありません。
また男性器の機能が低下してしまえば、精神的にもネガティブになりがちです。

そんな勃起不全にはバイアグラという信頼性の高い医薬品を使えば良いのですが、バイアグラは医薬品自体が高価であるのが問題です。
勃起不全の治療薬は1回飲めばそれで完了というわけではないので、勃起不全を常に治療したいのであれば定期的に医薬品を服用する必要があります。
そんな医薬品自体が高価であるがためにバイアグラが買えない人にはジェネリック医薬品のシラグラをオススメします。
シラグラとはインドに存在する製薬会社のCipla社が製造しているジェネリックの医薬品であり、医薬品自体は非常に効果が高く評判も良いです。
シラグラもバイアグラもクエン酸シルデナフィルという成分が入っているため、効果はどちらも一緒なのです。

またシルデナフィルについて簡単に説明すると、この成分は男性器の血流を増加させてくれるため勃起不全を改善してくれるのです。
そしてジェネリック医薬品であるためバイアグラの10分の1ほどの価格で医薬品を購入することが可能です。
インドは薬の成分に対する特許が認可されないため、バイアグラを製造している会社に特許料を払わなくて良いのです。
特許料を払わなくて済むことから医薬品自体を安価で販売することが出来ます。
また、シラグラの服用は空腹時に飲むようにしましょう。

この医薬品は脂質が多い食事は食事に影響されやすく、食後に医薬品を服用すると効果が薄れることがあります。
効果が薄れてしまう原因は医薬品の成分のクエン酸シルデナフィルが食事との相性が合わないためです。
そのため空腹の状態である食事の前などに服用するよう心がけてください。
また医薬品を服用したら30分程度で効果が出ます。
そのため性行為をはじめる1時間前ぐらいには医薬品を服用すると良いでしょう。
医薬品の効果はおよそ4時間から5時間です。

個人輸入代行について

業者はいろいろありますが、私がお勧めするのはベストケンコーです・・・シラグラをベストケンコーで入手した記録
こちらに、人の体験談や動画などがまとめられていますので、お勧めです。

副作用について

そして医薬品である以上は副作用も存在することを覚えておいてください。
現在報告されている副作用は頭痛やめまい、そして体がほてってしまうという症状です。
しかし副作用といっても体が非常に苦しくなるという状態になるわけではないですが、もし医薬品が体に合わないと感じるのであれば服用を中止して医療機関の医師に相談するようにしましょう。

副作用や効果のことをしっかりと把握しシラグラを服用することが大事であり、またこの医薬品は勃起不全の改善には非常に優れたものです。
きっとあなたの勃起不全の症状を改善し、自分の自信を取り戻してくれるのではないでしょうか。
いま勃起不全を改善したいと思われるのであれば医薬品の服用をしてみてはいかがでしょう。

シラグラはジェネリック医薬品で価格が安くなっています

最近、世間を騒がす言葉に「年の差婚」と言うものがあります。
20歳も30歳も年齢が離れた若いお嫁さんをもらうもので、普通の男性にとっては羨ましいような話が聞こえて来るのです。
ですがそんな時、誰もが想像するのが夜の夫婦生活ではないでしょうか。
「年齢を重ねた男性が、お嫁さんの性欲を満足させることが出来るのだろうか」と多くの人は自分のことを例に考え、苦労するのだろうなと余計な心配もしているのでしょう。

ですが本人たちは、そんなことを気にもせずマイペースな生活を送られていると思われますが、今の時代はED薬と言って頑張りたい時に服用する薬があるのです。
その昔ですと、ハブ酒を飲むとかニンニクを食べるとのか方法しかありませんでしたが、ハブ酒の標本を見ると却って気持ちが萎えてしまったり、ニンニクを食べた後は口が臭いと怒られるとかの苦労もあったのではないでしょうか。
ですからこのED薬は、性生活に悩む人たちにとって最も嬉しい出現でもあったのです。
そんなED薬、もっとも有名な薬にバイアグラがあります

silagra3

バイアグラについて

1999年に発売されてから、今までED薬としてダントツの人気を誇っているものです。
このバイアグラを改良したED薬でレビトラとかシアリスと言った薬があるのですが、バイアグラの人気には追いつかないようです。
それぞれ効果が上がっていたり、食事にも影響がないように作られていたりと、かなり製品的には良くなっているのですが、人気の面ではなかなか追いつかないようです。

しかしこのED薬と言われるもの、一番の難点は価格が高いことにあります。
1錠当たりの価格では50mgの製品で1,500~2,000円程度の範囲で売られていることが多いようです。
一回の行為にこの金額がかかるのですから、一ヶ月間で10日も頑張った時には結構な金額にもなってしまいます。
そこで望まれるのがジェネリック品ではないでしょうか。
ですがバイアグラの特許は、2014年までありジェネリック医薬品は基本的に販売されるに到っていません。
しかしインドと言う国は、この特許を認めない国であったことから自由にジェネリック医薬品を作ることが出来ました。
そんなことからバイアグラのジェネリック医薬品が作られており、それがシラグラなのです。
バイアグラと同様な成分を持つことから、効き目も同様であり、また副作用もほぼ同じように出て来るのです。
違うのが価格で、バイアグラの1,500円等と比較しても600円~700円程度になっています。
更にはこの時シラグラは100mgになっていますので、使用時はこの半分で良いとされることから価格は、300円とか350円になると計算されます。
これだけ価格が違って来ると誰もがジェネリック医薬品を購入したくなるのも無理はないことと思えます。
このシラグラの購入は、インターネットからの個人輸入代行に依頼することになりますので、しっかりとした業者選びをすることで、信頼の出来る薬を手に入れることが出来るのです。

EDの悩みをシラグラで解消しました

セックスは人類の繁栄の為に必要な事だと言えます。
しかし、時には男性の精力が減衰してしまう事もあります。
そこで人類は遥かな昔から精力剤を開発して、失われた精力を補強する為に用いて来ました。
私もそんな精力剤の愛用者で、友人からマニアと呼ばれる程に色々な精力剤を試して来ました。
しかし、どんな精力剤でも解消出来ない状況に追い込まれてしまった事があります。
その状況とはEDです。
自分自身がEDになってからわかった事なのですが、EDは単に性的な元気が無い状態とは全くの別物です。

そしてその治療には精力剤ではなく、ED治療薬が必要なのです。
私の場合は、シラグラというED治療薬がEDの悩み解消に役立ちました。
私がEDになったのは2年前の事です。
それは突然に起こりました。
ある晩、妻とセックスを楽しもうと行為を開始したのですが、いつもはすぐにビンビンになる私のペニスがまるで無反応なのです。
挿入前にはなんとか勃起してくれたのですが、挿入した瞬間に萎えてしまいました。
「今日は疲れてるんじゃない」と妻が言うので、私は秘蔵の精力剤を服用してみました。
するとすぐに体が火照って来て、まさにやる気満々になったのですが、それでも我がペニスはイマイチな反応でした。
結局挿入するとすぐに萎えてしまい、私は大変中途半端な状態で就寝する事になったのです。
その後日、色々と精力剤を試したのですが、結果は同じでした。
これは重大な病氣かもしれない、と思った私は近所のお医者さんに相談に行きました。
すると、お医者さんは「EDですね」と私に告げたのです。
私は命に関わる様な病気なのではないかと内心ドキドキしながらお医者さんに行ったので、EDと聞いて少し安心しました。
しかし、同時に疑問がわいて来たのです。
EDなら何故精力剤が効かなかったのだろうか、というのが私の疑問でした。
その疑問をお医者さんにぶつけてみると、「EDはペニスを勃起させる効果を持つcGMPと勃起を収める働きを持つPDE5のバランスが崩れる事で発生します。」
と、お医者さんは教えてくれました。

「つまり、勃起を起こす為の根本的なシステムが上手く働かなくなっているので、精力剤ではあまり効果は期待出来ないのです」という医師の説明に「なるほど」と膝を打ちました。
私は帰宅してからパソコンでED治療薬について検索しました。
医師はバイアグラを勧めてくれたのですが、購入費が高額だったのでランニングコストを抑える為に安い治療薬を自分で探す事にしたのです。

さて、結果的に私が辿り着いたのがシラグラです。
バイアグラと同様にシルデナフィルを主成分としていて、効果はほぼ同様でありながら、価格は4分の1程度で購入出来る事が、シラグラを選んだ決め手です。
さて、早速このED治療薬を購入し、妻とのセックスに臨みました。
食後からは2時間程をあけてシラグラを服用すると、30分程度で効果が現れて来ました。
私のペニスはEDになる以前にも増してビンビンに勃起していたのです。
妻も「凄いじゃない」と嬉しそうにしていました。
勿論中折れもせず、その晩は二回連続でセックスする事が出来たのでした。
シラグラのお陰で、ED治療薬と精力剤は全くの別物である事がわかり、安価にEDの悩みを解消出来ました。

ジェネリック医薬品のシラグラをつかって勃起不全を改善

私の年齢は現在30半ばであり、以前まで勃起不全に悩んでいました。
私が勃起不全になってしまった理由は生活のストレスが原因だと思います。
電車で会社に出勤し遅い時間帯まで残業をしたり、仕事での様々な苦労があると精神的にストレスがたまりますし肉体的にも疲れます。
また一日中仕事をしていて余暇などが無かったものですから、嫁との性行為の頻度もだいぶ減ってしまいました。
新婚当初は1週間に数回のペースで性行為をしていたのですが、そのときはほとんど性行為をしない状況です。
また夫婦関係も少し冷め切ってるようにも感じました。

たまにとれる休日をつかって性行為をしてみようとチャレンジしてみましたが私自身が勃起不全の症状があるため、性行為を上手におこなうことが出来ませんでした。
こうなってしまうと夫婦関係が冷め切ってしまうどころか、私の自信もなくなってしまいます。
それから勃起不全を治そうと精力剤やスッポンを食べてみたのですが効果はイマイチのように感じます。

そんな時に私はシラグラという医薬品の存在をインターネットで知りました。
私は今までにバイアグラという勃起不全の治療薬の名前は知っていたのですが、今までにバイアグラを服用したことはありませんでした。
またバイアグラは値段が高かったため購入するのをためらっていました。
シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品であり、バイアグラと効果が同じでありながら安い費用で医薬品を入手することが出来るわけです。
私は早速シラグラを個人輸入サイトで取り寄せて服用を開始しました。
ちなみに私が飲んだのはシラグラの100mgであり、これを分割して1回50mgを服用して飲んでいました。
医薬品を服用したらすぐに効果があらわれ始め、服用して30分程度で効果が実感出来ました。
効果が出たわけですから早速嫁と性行為をすることに。
この時に私は嫁と性行為をするのは本当に久しぶりの事で数年ぶりの性行為だと思います。

嫁と良い雰囲気になり、そこから性行為を開始。

医薬品を服用するまでは勃起不全が原因で途中で性行為をやめていた私ですが、医薬品の効果のおかげでその日は最後まで性行為をおこなう事が出来ました。
私は本当に心の底から嬉しかったですし、最後まで性行為を出来たことに喜びを感じました。
またその日は2回目もやり、2回目も最後まで性行為をおこなう事が出来ました。
現在でもシラグラは愛用してますし、嫁との性行為をおこなう日には必ず服用しています。

嫁と性行為をするために、そして夫婦間が悪くならないためにも私にとって大事な医薬品だと思っています。
またジェネリック医薬品であるわけですから、医薬品を安く購入出来るのも魅力です。
経済的にも安いので定期的に購入することが出来ますし、医薬品の効果を感じた以上はこれからも使い続けたいですね。
そしてこのようなジェネリック医薬品は個人輸入代行業者から簡単に購入出来るので興味がある方は是非購入してみてください。

経済的に安いジェネリック医薬品のシラグラ

勃起不全は中年の男性だけでなく若い年齢の人でもなることがあります。
その理由は生活のストレスが原因です。
朝の早い時間帯から会社に出勤し、様々な人間関係のストレスもありながら夜の遅い時間帯まで仕事をする生活を続けていると、やはりストレスがたまってしまうのです。

また日々の生活が忙しいという原因で夫婦間のセックレスの原因へと招いてしまいます。
ストレスが原因で勃起不全になり、時間が無いからという理由でセックスレスになってしまえば最悪の状況です。
夜の営みは夫婦間での大事なコミュニケーションであり、完全なセックスレスであれば夫婦間が冷めてしまうこともあります。
また夜の営みのためにも時間を作ることが大事ですが、もちろん勃起不全を改善することも大事です。
そんな勃起不全は現在では医薬品で治療することが出来ます。
そして勃起不全を改善する治療薬の代表的なものにバイアグラがあります。

バイアグラは国内で1999年に登場し、今までにインポテンツで悩んでいた人にとっては嬉しいニュースでした。
また医薬品だけでなく精力剤やスッポンやマムシといった料理を食べれば男性器が元気になるといわれていましたが、やはり医薬品である以上はバイアグラのほうが効果は高いようです。
またバイアグラは値段が高かったため、お金が無い人には手に入れることが難しく憧れの存在のようなものでした。
しかしバイアグラと同じ効果を得られる価格が安い医薬品がその後に登場し、これによりお金が無い人でも簡単に医薬品を購入出来るようになりました。
それがジェネリック医薬品です。
そのジェネリック医薬品を製造している国はインドですが、インドは他国と比べてジェネリック医薬品を製造することが出来るのです。
またバイアグラのジェネリック医薬品にシラグラというものがあります。
シラグラの魅力はなんといっても価格の安さです。

バイアグラの50mgが1錠約1500円に対し、シラグラは100mgが1錠約300円程度と非常に安いのです。
またピルカッターをつかえば1錠を分割して飲むことが出来るため、シラグラの100mg1錠をピルカッターで50mg2錠に分割することが出来るため、これを分けて飲めば更に経済的に安く済みます。

そしてシラグラのようなバイアグラのジェネリック医薬品はインターネットの個人輸入代行サイトから購入することが出来ます。
海外から医薬品を取り寄せることにより商品を手に入れるわけですが、海外から取り寄せるため英語が分からないといけないのかという心配がありますが、個人輸入代行サイトのページは日本語表記となっているため英語が分からない人でも利用できます。

また私は個人輸入代行サイトを使って医薬品を取り寄せたことがありますが、中身が分からないように商品が自宅に届くため誰かと一緒に住んでいる場合であっても中身が知られることがないまま商品を受け取ることが出来ます。
ダンボールの表面にも大きな文字で「勃起不全治療薬」と書いてあるわけでもなく、英語で簡単に医薬品についてダンボールに書いてあるため安心して利用することが出来ます。

シラグラの購入方法を知りましょう

ED薬と言われる医薬品も今では通常に使われる製品になりました。
それだけバイアグラ効果は、大きかったのでしょう。
そんなバイアグラに引き続き、レビトラとかシアリスと言った改良品が発売されて来たのですが、バイアグラの売行きは落ちることがなかったと言われています。
つまり、一度バイアグラから離れても再度バイアグラに戻って来ると言う人が多いと言うことになります。
それだけ安定して服用しやすく、無駄のない医薬品と言えるのでしょう。
しかしバイアグラの価格は、考えると非常に高いものではないでしょうか。
一般的な価格が1錠につき50mgで1,500円から2,000円くらいの販売となっているようです。
平均すると1,750円くらいになるのでしょう。

silagra27これでは、一ヶ月間かなりの回数を頑張ると、金額的にも負担がいるような価格にもなってしまいます。
財布の中身を心配してSEXをしても、決して楽しいものではないはずです。
そこで考えられるのが、今流行りのジェネリック医薬品を使うことです。
ですがバイアグラの特許が切れるまで、今年一杯の期間がいるようで、普通ではジェネリック医薬品の登場は、来年以降になるはずです。
しかしインドと言う国が国情から、このジェネリックを認めない法律を作りインド国内ではジェネリック医薬品をどんどん作っていました。
基本的には、2004年までは自由に製作出来たのですが、2005年以降は世界の国々と歩調を合わせることになりました。
そのような理由から、早い時期においてバイアグラのジェネリック医薬品が作られていたインドで発売されているのが、シラグラになります。
このシラグラはバイアグラの価格に比べ、相当安価になっていて100mgde1錠当たり400円程度の計算になるようです。
100mgですからバイアグラの50mgを考えると、更にこの半額の200円程度にもなってしまいます。
ジェネリック医薬品にすることで、これほど安価になってしまうのですから、バイアグラを服用し続けることに躊躇することは当たり前で、成分が同じで効き目も同じであるならシラグラに変更する人が多くなるのも当然のことではないでしょうか。
このシラグラ、残念なことに日本では認可が下りていません。

購入する場合、インドまで行くことになりますが、それではとても間に合いません。
そこで利用するのが、海外からの個人輸入代行に依頼することです。
今、インターネット上では多くの個人輸入代行者からの薬販売サイトが登場しています。
多くのサイトがありますから、より安全で信頼の出来るサイトを見つけることが大切になって来ます。
正規品を必ず扱うところ、クレームの少ないところを見つけ出し、納得の行く売買をすべきなのでしょう。

検索をしてみて、口コミなどの確認をしてみてくださいちょっとでも不審な点があるサイトへの注文は一度立ち止り、他のサイトと比較してみることも大切な作業ではないのでしょうか。

シラグラはバイアグラのジェネリックです

ED治療薬と言えば、世界で最も有名な物の一つがバイアグラです。
既に登場してから15年以上経ち、既にED治療薬の代名詞としても良く知られています。
ただ、確かに服用すると安定した効果が期待できる薬なのですが、ED自体まだ保険適用ではありません。
あくまでもこの治療は自由診療で、泌尿器科等で診てもらったとしても、保険を使う事は出来ないのです。
その為、薬1錠あたりの価格も結構高く、性行為がある都度飲み続けると、かなりの負担になってしまいます。
現在、日本人の平均的な性行為の回数は、1年間で45回程度です。
つまり、その都度飲むとしたら年間で67000円程度必要となってしまいます。
(薬価は1500円で計算しています。

処方料・診察料は抜き)勿論薬を飲むだけでEDが改善する可能性があるので、飲むメリットはあります。
しかし、経済的な負担を考えるとかなり大きな感じがするでしょう。
しかし、現在では薬価を抑える事が出来る方法もあります。
それがジェネリックを利用するという事です。

ジェネリックとは後発医薬品とも呼ばれる物で、先発医薬品の特許が切れてから作ら
れる物となっています。
基本的に使っている素材は同じなので、大体同じ様な効果が期待できるものです。
バイアグラ自体はかなり新しい薬なので、現時点では特許は切れていません。
しかし、インドに関しては特許が関係していなかった事も有り、多数のジェネリックが開発されているのです。
その一つがシラグラと呼ばれる物で、バイアグラと同じシルデナフィルが含まれている薬となっています。
その為、EDで悩んでいる人がこの薬を服用すれば、バイアグラを服用した時と同じ様な効果が期待できるのです。
また、空腹時に服用する等の注意点や、効果が出てくるまでの時間、さらに効果持続時間等も殆ど同じだと考えて良いでしょう。
飲み方に関してもバイアグラと同じ飲み方で大丈夫です。
ただ、現在日本国内ではバイアグラのジェネリックは一つも認可されていません。
その為、病院や薬局でそれを出してもらう事は出来ないのです。
ではどうすればそれを入手できるのでしょうか。
その方法として多く用いられているのが、インターネット上にある輸入代行サイトを利用する方法です。
この方法であれば、海外で販売されているシラグラを国内に居ながらにして購入できます。
ただ、シラグラ自体、バイアグラのジェネリックとして良く知られている薬です。

勿論その効果に関しても良く知られているので、中にはその偽物が出回っている事も有ります。
その為、個人輸入をする時は偽物には手を出さないように注意しましょう。
ちなみに、バイアグラの薬価はその病院によっても違いますが、大体1500円程度です。
それに対してシラグラの薬価は大体150円程度の物もあります。
その為、バイアグラに比べると大体10分の1程度の薬価となるのです。
シラグラは既にバイアグラのジェネリックとしても良く知られている薬です。
薬価もかなり安いので、性行為の度にそれを服用したとしても、医療費の事を気にする必要はほぼありません。

自分への自信はシラグラで取り戻せ

インポテンツという症状で悩んでいる方は多いものです。
夜遅くまで仕事をする日々を過ごしていると精神的にも肉体的にも負担がかかってしまいます。
また、体を動かさないことによる運動不足や、飲酒や喫煙、栄養が偏った食事を続けているとインポテンツになりやすいと言われています。
しかし大人になると体を動かす機会が無いですし、仕事の影響で食事をとる時間もバラバラになりますし、会社の付き合いでお酒を飲む機会が非常に多いです。
このような生活を過ごしているとインポテンツだけでなく、生活習慣病や糖尿病といった症状も招く危険性があります。
インポテンツや生活習慣病にならないためにも今の生活を見直してみてはいかがでしょうか。
日常の自分の生活を見直すことにより、精神的なストレスや体の健康もよくなりインポテンツを改善することが出来るかもしれません。
また生活習慣の見直しだけでなくシラグラをつかうことにより、インポテンツの症状が和らぐことがあります。
ちなみにシラグラという医薬品は主成分がクエン酸シルデナフィルであり、男性器を勃起させる際の血液量を増やします。
簡単に説明するとインポテンツを治療するための医薬品です。
医薬品の服用はパートナーとの性行為を開始する1時間前ぐらいに飲み、効果の持続時間は最大で5時間ほどと言われています。
また医薬品を服用すれば勝手に勃起状態になるわけではないので気をつけてください。
そして自分がインポテンツになるとパートナーとの性行為が十分におこなえない事から自信の低下に繋がることがあります。
しかし医薬品を服用してインポテンツを改善出来るのであれば自分への自信も自然にアップするのではないでしょうか。
また愛するパートナーとの時間はいつまでも大切にしたいですし、何歳になっても性行為を楽しみたいものです。
性行為は愛する人との一つのコミュニケーションであり、パートナーと充実した時間を過ごすためにも夜の営みは非常に重要なことではないでしょうか。
しかし仕事のストレスや不摂生な生活が原因でインポテンツになってしまうのであれば大事なパートナーとのスキンシップをおこなう事が出来ません。
現在インポテンツで悩んでいるのであれば是非シラグラを試してみると良いでしょう。
また、この医薬品はインドにある製薬会社が製造と販売をしているジェネリック医薬品であり、他の医薬品と成分と効果が同じでありながら医薬品自体が安いのが特徴です。
このようなジェネリック医薬品はインターネットの個人輸入サイトから簡単に購入することが出来ますよ。
またシラグラを服用する際は正しい服用を心がけてください。
現在何かしらの他の持病がある場合はクリニックの医師に事前に相談をしてからシラグラの服用をオススメします。
医薬品の効果を最大に発揮するためには、医薬品を服用する際の注意をしっかりと守ることが大事であり、それによりインポテンツを改善することが出来ます。

上手に使おう、シラグラ

EDになったらバイアグラ、多くの人がそう思っているのではないでしょうか。
それだけ歴史がある薬だし、何より効果が実感できたという報告も多数あります。
しかし、余り良く知られていないのが保険診療ではないという事です。
その為全て自費、従って薬価に関しても3割負担ではなくて10割となってしまう為、かなり高額になってしまうのです。
また、ED治療薬自体、かなり即効性があります。

大体飲んで30分から45分程度で効果を実感する事が出来るのです。
ただ、治療薬とは言われていますが、ED自体を治すわけではありません。
勿論、その原因となっている物によっては、それを服用したおかげでその状態が改善され、もうそれを服用しなくても勃起できるようになる人もいるでしょう。
しかし、中には性行為の度に飲み続ける必要が出てくるのです。

ただ、保険が使えないので10割負担となってしまう事、さらに薬代だけでなくその他の費用も発生するので、結局1錠あたりの薬価がかなり高くなってしまう事も少なくありません。
従って、利用者は確かに勃起するからその薬を使いたいと思っていたとしても、薬価が気になってそれほど使えないという事も有るのです。
とはいえ、やはり確実に勃起したいという事も有るでしょう。
そういう時はジェネリックを利用するのがお勧めです。
例えば、バイアグラのジェネリックとして有名なのはシラグラで、これを利用している人も大勢います。
ただ、薬局等では扱われていないので、個人輸入で手に入れるなどしなければ手に入れる事は出来ません。
とはいえ、いくら有名な薬であっても今まで一度も利用したことがない人にとっては未知の薬です。
心配であれば、まずはバイアグラを服用し、その後シラグラにシフトチェンジするのも良いでしょう。
勿論、最初からシラグラを服用する事もできます。
ただこの薬は現時点では病院で処方される物ではなく、自分で買って飲むしかありません。
従って、責任は全て自分にあるという事を良く理解しておきましょう。

ちなみに、1錠あたりの効果は人によって感じ方が違います。
25mg、50mg、100mgの3種類の錠剤があるので、まず最初は最も量が少ない25mgから使うようにしましょう。
この量で丁度良ければこのままで、効きすぎている感じがする時は、25mgを半分に割って服用する様にします。
また、効かない時は50mgに増やしたりして、加減するのが重要です。
また、錠剤を割る時は包丁などを使っても割れない事は有りませんが、破片が飛んでしまう事等を考えると、ピルカッターの方が良いでしょう。
ただ、割った後はどうしても空気に錠剤が触れてしまいます。

すぐに変質してしまう事は有りませんが、時間が経つにつれて次第に変質してしまう事があるので、出来るだけ割ったものはすぐに服用するようにしましょう。
服用に関しては水と一緒に飲む事で、胃の中で良く錠剤が解けてくれます。
中には水なしでも飲めるという人もいるかもしれませんが、なかなか胃の中で溶けない可能性がある事、さらには食道に引っかかったりするので注意しましょう。
また、ベッドの中でそれを飲む人がいるかもしれませんが、横になった状態で錠剤を飲むとなかなか食道を通らないし、何より食道等で薬が溶けてしまう事があります。
それによって潰瘍になる可能性も否定できないので、服用する時は起き上がって、さらに水(お茶)で飲むようにしましょう。

シラグラはバイアグラのジェネリックです

バアイグラはEDに悩む男性の救世主とも呼ばれる医薬品となっており、飲むだけで悩みを解決してくれます。
バイアグラはED治療を行う医療機関なら処方が可能で、医療機関なら間違いなく正規品を入手できますし、健康チェックも丁寧に行われるので安心して利用することができるのはやはり医療機関で購入するメリットと言えるでしょう。
そして、薬の価格ですが、バイアグラは保険適用されませんので、安くというわけにはいかず、一錠につき、1500円前後は必要となります。
それゆえにたびたび性行為を行う方の場合はそのたびに薬が必要となりますので、年間ではかなりの出費となってしまうのではないでしょうか。
薬の高さゆえ、継続して利用できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの良い効能を費用のために利用できないのはやはり残念なものです。
そういった場合は同じ有効成分、同じ効果効能を期待できるジェネリック医薬品に注目してみてはいかがでしょうか。
ジェネリックは新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売できる薬でかなり費用がおさえられているのが特徴です。
とはいえ、日本ではまだバイアグラジェネリックが販売されていませんので、医療機関で処方してもらうというわけにはいきません。
バイアグラジェネリックを購入するのであれば、海外医薬品の個人輸入に注目してみると良いでしょう。
海外ではすでにバイアグラジェネリックは様々な種類が販売されており、かなりの低価格となっています。
特にシラグラは人気の高い医薬品で、バイアグラと同じように、有効成分はクエン酸シルディナフルです。
有効成分のシルディナフルは海綿体の血管を拡張し、陰茎への血流を増加させることで勃起の改善に役立ってくれます。
そしてEDになる原因が精神的なものである場合にも、体に原因がある場合でもどちらにも効果を発揮してくれるとのことです。
シラグラはインドの製薬会社で第2位であるcipla社で製造販売されており、この会社では欧米など170カ国に薬を輸出しているとのことで、信頼性の高い製薬会社と言えるでしょう。
それから服用前には気をつけなくてはいけないこともありますが、すでにバイアグラを処方された経験のある方なら、飲むタイミングや副作用については理解されていると思います。
でも、つい見落としがちなのは、シラグラは一錠が100mgであることです。
日本でバイアグラが処方される場合は25mg、50mgの処方となっていますので、普段50mgを飲んでいる方ならピルカッターで半分に切る、25mgを飲まれている方の場合は4分の1にカットするようにし、飲みすぎにならないよう気をつけましょう。
薬を安く購入できるのは魅力ですが、やはり正規品を購入することが大切ですので、海外医薬品の個人輸入代行業者を通じて購入する場合であっても、正規品保証がしっかり行われているかはよく確認してから注文するようにしたいものです。