シラグラはバイアグラのジェネリックです

ED治療薬と言えば、世界で最も有名な物の一つがバイアグラです。
既に登場してから15年以上経ち、既にED治療薬の代名詞としても良く知られています。
ただ、確かに服用すると安定した効果が期待できる薬なのですが、ED自体まだ保険適用ではありません。
あくまでもこの治療は自由診療で、泌尿器科等で診てもらったとしても、保険を使う事は出来ないのです。
その為、薬1錠あたりの価格も結構高く、性行為がある都度飲み続けると、かなりの負担になってしまいます。
現在、日本人の平均的な性行為の回数は、1年間で45回程度です。
つまり、その都度飲むとしたら年間で67000円程度必要となってしまいます。
(薬価は1500円で計算しています。

処方料・診察料は抜き)勿論薬を飲むだけでEDが改善する可能性があるので、飲むメリットはあります。
しかし、経済的な負担を考えるとかなり大きな感じがするでしょう。
しかし、現在では薬価を抑える事が出来る方法もあります。
それがジェネリックを利用するという事です。

ジェネリックとは後発医薬品とも呼ばれる物で、先発医薬品の特許が切れてから作ら
れる物となっています。
基本的に使っている素材は同じなので、大体同じ様な効果が期待できるものです。
バイアグラ自体はかなり新しい薬なので、現時点では特許は切れていません。
しかし、インドに関しては特許が関係していなかった事も有り、多数のジェネリックが開発されているのです。
その一つがシラグラと呼ばれる物で、バイアグラと同じシルデナフィルが含まれている薬となっています。
その為、EDで悩んでいる人がこの薬を服用すれば、バイアグラを服用した時と同じ様な効果が期待できるのです。
また、空腹時に服用する等の注意点や、効果が出てくるまでの時間、さらに効果持続時間等も殆ど同じだと考えて良いでしょう。
飲み方に関してもバイアグラと同じ飲み方で大丈夫です。
ただ、現在日本国内ではバイアグラのジェネリックは一つも認可されていません。
その為、病院や薬局でそれを出してもらう事は出来ないのです。
ではどうすればそれを入手できるのでしょうか。
その方法として多く用いられているのが、インターネット上にある輸入代行サイトを利用する方法です。
この方法であれば、海外で販売されているシラグラを国内に居ながらにして購入できます。
ただ、シラグラ自体、バイアグラのジェネリックとして良く知られている薬です。

勿論その効果に関しても良く知られているので、中にはその偽物が出回っている事も有ります。
その為、個人輸入をする時は偽物には手を出さないように注意しましょう。
ちなみに、バイアグラの薬価はその病院によっても違いますが、大体1500円程度です。
それに対してシラグラの薬価は大体150円程度の物もあります。
その為、バイアグラに比べると大体10分の1程度の薬価となるのです。
シラグラは既にバイアグラのジェネリックとしても良く知られている薬です。
薬価もかなり安いので、性行為の度にそれを服用したとしても、医療費の事を気にする必要はほぼありません。

Comments are closed.