シラグラはバイアグラのジェネリックです

バアイグラはEDに悩む男性の救世主とも呼ばれる医薬品となっており、飲むだけで悩みを解決してくれます。
バイアグラはED治療を行う医療機関なら処方が可能で、医療機関なら間違いなく正規品を入手できますし、健康チェックも丁寧に行われるので安心して利用することができるのはやはり医療機関で購入するメリットと言えるでしょう。
そして、薬の価格ですが、バイアグラは保険適用されませんので、安くというわけにはいかず、一錠につき、1500円前後は必要となります。
それゆえにたびたび性行為を行う方の場合はそのたびに薬が必要となりますので、年間ではかなりの出費となってしまうのではないでしょうか。
薬の高さゆえ、継続して利用できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの良い効能を費用のために利用できないのはやはり残念なものです。
そういった場合は同じ有効成分、同じ効果効能を期待できるジェネリック医薬品に注目してみてはいかがでしょうか。
ジェネリックは新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売できる薬でかなり費用がおさえられているのが特徴です。
とはいえ、日本ではまだバイアグラジェネリックが販売されていませんので、医療機関で処方してもらうというわけにはいきません。
バイアグラジェネリックを購入するのであれば、海外医薬品の個人輸入に注目してみると良いでしょう。
海外ではすでにバイアグラジェネリックは様々な種類が販売されており、かなりの低価格となっています。
特にシラグラは人気の高い医薬品で、バイアグラと同じように、有効成分はクエン酸シルディナフルです。
有効成分のシルディナフルは海綿体の血管を拡張し、陰茎への血流を増加させることで勃起の改善に役立ってくれます。
そしてEDになる原因が精神的なものである場合にも、体に原因がある場合でもどちらにも効果を発揮してくれるとのことです。
シラグラはインドの製薬会社で第2位であるcipla社で製造販売されており、この会社では欧米など170カ国に薬を輸出しているとのことで、信頼性の高い製薬会社と言えるでしょう。
それから服用前には気をつけなくてはいけないこともありますが、すでにバイアグラを処方された経験のある方なら、飲むタイミングや副作用については理解されていると思います。
でも、つい見落としがちなのは、シラグラは一錠が100mgであることです。
日本でバイアグラが処方される場合は25mg、50mgの処方となっていますので、普段50mgを飲んでいる方ならピルカッターで半分に切る、25mgを飲まれている方の場合は4分の1にカットするようにし、飲みすぎにならないよう気をつけましょう。
薬を安く購入できるのは魅力ですが、やはり正規品を購入することが大切ですので、海外医薬品の個人輸入代行業者を通じて購入する場合であっても、正規品保証がしっかり行われているかはよく確認してから注文するようにしたいものです。

Comments are closed.