シラグラはジェネリック医薬品で価格が安くなっています

最近、世間を騒がす言葉に「年の差婚」と言うものがあります。
20歳も30歳も年齢が離れた若いお嫁さんをもらうもので、普通の男性にとっては羨ましいような話が聞こえて来るのです。
ですがそんな時、誰もが想像するのが夜の夫婦生活ではないでしょうか。
「年齢を重ねた男性が、お嫁さんの性欲を満足させることが出来るのだろうか」と多くの人は自分のことを例に考え、苦労するのだろうなと余計な心配もしているのでしょう。

ですが本人たちは、そんなことを気にもせずマイペースな生活を送られていると思われますが、今の時代はED薬と言って頑張りたい時に服用する薬があるのです。
その昔ですと、ハブ酒を飲むとかニンニクを食べるとのか方法しかありませんでしたが、ハブ酒の標本を見ると却って気持ちが萎えてしまったり、ニンニクを食べた後は口が臭いと怒られるとかの苦労もあったのではないでしょうか。
ですからこのED薬は、性生活に悩む人たちにとって最も嬉しい出現でもあったのです。
そんなED薬、もっとも有名な薬にバイアグラがあります

silagra3

バイアグラについて

1999年に発売されてから、今までED薬としてダントツの人気を誇っているものです。
このバイアグラを改良したED薬でレビトラとかシアリスと言った薬があるのですが、バイアグラの人気には追いつかないようです。
それぞれ効果が上がっていたり、食事にも影響がないように作られていたりと、かなり製品的には良くなっているのですが、人気の面ではなかなか追いつかないようです。

しかしこのED薬と言われるもの、一番の難点は価格が高いことにあります。
1錠当たりの価格では50mgの製品で1,500~2,000円程度の範囲で売られていることが多いようです。
一回の行為にこの金額がかかるのですから、一ヶ月間で10日も頑張った時には結構な金額にもなってしまいます。
そこで望まれるのがジェネリック品ではないでしょうか。
ですがバイアグラの特許は、2014年までありジェネリック医薬品は基本的に販売されるに到っていません。
しかしインドと言う国は、この特許を認めない国であったことから自由にジェネリック医薬品を作ることが出来ました。
そんなことからバイアグラのジェネリック医薬品が作られており、それがシラグラなのです。
バイアグラと同様な成分を持つことから、効き目も同様であり、また副作用もほぼ同じように出て来るのです。
違うのが価格で、バイアグラの1,500円等と比較しても600円~700円程度になっています。
更にはこの時シラグラは100mgになっていますので、使用時はこの半分で良いとされることから価格は、300円とか350円になると計算されます。
これだけ価格が違って来ると誰もがジェネリック医薬品を購入したくなるのも無理はないことと思えます。
このシラグラの購入は、インターネットからの個人輸入代行に依頼することになりますので、しっかりとした業者選びをすることで、信頼の出来る薬を手に入れることが出来るのです。

Comments are closed.